第5分科会 中同協●生産年齢人口減少と外国人労働者問題

外国人労働者制度のあり方と中小企業の対応

諸外国の事例を踏まえて

第5分科会報告者:労働政策研究・研修機構・呉氏

【 報告者 】
独立行政法人労働政策研究・研修機構
副統括研究員
呉 学殊 氏

生産年齢人口が減少する中、国内の外国人労働者数は127.8万人と過去最高を更新し、前年同期から18%増、5年連続の増加となりました。政府は、外国人就労の一定の拡大をさらに進める方向で検討を進めています。一方、社会的・制度的な受け入れ態勢の未設備、一部の外国人技能実習生の労働環境の劣悪さなどを懸念する声もあります。本分科会では、韓国をはじめとした諸外国の外国人労働者政策の動向なども踏まえながら、日本の外国人労働者制度のあり方と中小企業としての対応を考えます。

第5分科会情報

テーマ

生産年齢人口減少と外国人労働者問題

タイトル

外国人労働者制度のあり方と中小企業の対応

サブタイトル

諸外国の事例を踏まえて

報告者

独立行政法人労働政策研究・研修機構
副統括研究員
呉 学殊 (おう はくすう)氏

プロフィール

2001年 東京大学大学院博士学位取得:社会学博士/専門分野:産業社会学・労使関係論
ホームページ:https://www.jil.go.jp/

第5分科会会場情報

ルークプラザホテル 4Fシュンアン
〒852-8007 長崎県長崎市江の浦町17−15
TEL:095-861-0055

ルークプラザホテル会場詳細

ルークプラザホテル会場

第5分科会会場

JR九州「長崎駅」より車で10分

記念講演「夢持ち続け日々精進」髙田明氏
開催概要 スケジュール

関連LINK

友だち追加 LINE@第49回 中小企業問題全国研究集会 in 長崎